気になる肌トラブルとは

安心の治療で美肌に

女性

美しさを維持するためには年齢を重ねても肌のコンディションを整えたり、体型を維持することが求められますが、年齢が重なるごとに肌の状態も変化しやすくなるため、様々な加齢トラブルが起こりやすくなります。昔は体にほくろが目立ったことは無かったのに、年齢を重ねるごとに体全体にほくろが増えてきたという方は少なくありません。これは紫外線によるメラニン生成によって起こっているため、シミやしわと同じようにほくろも加齢トラブルの一つになります。特に顔は紫外線が当たりやすい部位になりますので、きちんと対処していないとほくろがどんどん増えてしまう恐れがありますから、気になるほくろ除去を受けようとする女性が増えてきています。ほくろ除去は一般的な皮膚科をはじめ、美容施術をメインとする美容外科や美容皮膚科で受けることが出来ます。主にほくろ除去を行う方法として使われるのがレーザー治療で、複数のほくろ除去を行わない限りは短時間で施術を完了することが出来ますので、短期間で治療を済ませたい方は、すぐに医療機関に相談することをお勧めします。医療機関で治療を行う場合、病気など保険診療に適応する治療はあまり費用を気にせずに受けることが出来ますが、美容目的のためのほくろの場合は良性か悪性によって自費になるのか、保険診療になるのかは変わってきます。ただ何か肌トラブルが起こっているなどを除いて、多くの場合はほくろ除去にかかる金額は初診と術後診察以外は自費になる場合が多くなります。

治療にかかる施術料金

ほくろには種類があり、子供の時から体にあるほくろの多くは、ホルモンの働きにより細かいほくろが増えたり、肌色の薄い方などは良くメラノサイトが肌内部で増えることによって「単純ほくろ」や「色素性母斑」となります。また年齢を重ねてから出来るほくろの多くは、太陽光線を浴びることによって顔や腕、手などを中心にほくろが増えてくるのを「老人性色素班」と呼ばれており、どちらも良性のほくろのため健康には全く問題ありません。ただ中には「基底細胞がん」や「悪性黒色腫」と呼ばれる悪性のほくろもありますので、治療が必要で除去しなくてはいけない場合と、美容のために除去するのでは、保険診療が適応になる場合とならない場合に分かれてくるため、しっかり施術前に医師の診察を受ける必要が出てきます。悪性のほくろではない場合でもふくらみが大きい場合や痛みがある場合など様々な症状がありますので、人によっては一部のほくろは保険診療内で治療出来る場合がありますので、信頼のおける医師に相談する必要が出てきます。また手術を行う事以外に、診察と術後の診察は自費ではなく保険扱いになりますのである程度価格を把握しておくと自費になっても安心して治療を受けることが出来ます。医療機関によって施術にかかる料金は異なり、人によっても症状はそれぞれなので確実な金額を出す事は難しいですが、複数の皮膚科を比較しておくと安い料金で治療を受けられる医療機関を探すことが出来る場合もありますので、若い方でも安心です。