俯きがちな人生と決別

整形

ほくろは、多かれ少なかれ誰にでもあるものでしょう。そして、多くの人が、ほくろがあったとしても、あまり気にしていないことでしょう。ただ、できれば、なくなってほしいと思っている人も多くいるはずです。中には、ほくろがチャームポイントだという人もいます。目尻、あるいは目の下にある泣きぼくろなんていうのは、特に女性にとってはチャームポイントだとされています。しかし、ほくろがチャームポイントであるケースは、とても稀なことです。中には、ほくろがあるせいで、俯きがちな人生を送っている人だっています。嫌なほくろの代表的なものは、顔にあるほくろ、そして大きいほくろです。顔に大きいほくろがあるとすれば、その人は他人にほくろがある人という印象を与えてしまうことになるでしょう。例え大きいほくろではなくても、顔はどうしても注目されますから、ほくろがある人という印象を与えてしまう可能性はあります。顔以外のほくろでしたら、それほど気にならないものですが、大き過ぎると、やはり注目を集めてしまいます。普段は衣服等で大きなほくろは隠れていたとしても、何かの拍子で露になったとしたら、その場にいる人は少なからず驚いてしまうことでしょう。もちろん、ほくろを見たからといって、その人に嫌な印象を持つことはないでしょう。ただ、ほくろに注目されることは、ほくろがある当人にとっては、とても不快なものです。もし、ほくろがあることによって、人生を損していると考えるのならば、ほくろの除去をした方が良いでしょう。ほくろ除去は、美容外科等の医療機関で行っています。自分の体に手を加えることは気が進まないという人もいるでしょうが、そうすることで人生が明るく開けるのならば、した方が良いでしょう。しかも、ほくろ除去は、多くの人が実行しています。ですから、あまり気にする必要はないのです。

ほくろ除去の方法は、大きく分けて2種類あります。まず1つは、従来から存在している方法である外科的手術です。具体的には、ほくろがある部分の皮膚を切除し、縫合するという方法です。外科的手術のメリットは、ほぼ完全に除去でき、再発もほとんどないことです。手術は1回で終了します。但し、傷跡が残ってしまう可能性は大いにあります。ですから、顔のほくろ除去には不向きな方法だと言わざるを得ないでしょう。もう1つの方法は、レーザーを使用した方法です。レーザーは今日の美容外科において、かなり関わりが深いのですが、ほくろ除去にも使用されています。レーザーのメリットは、切除・縫合がありませんから皮膚に優しいこと、つまり傷跡が残らないことです。また、外科手術以上に手軽であり、それ故に、患者への負担がかからないこともメリットだと言えます。但し、ウイークポイントもあります。レーザーの光は威力が強いため、危険が伴います。ですから、場所によっては除去困難なほくろがあるのです。例えば、目の付近のほくろの除去は困難です。但し、困難であって不可能ではないのです。事実、目の付近のほくろであっても、レーザーで安全に除去している医療機関はあります。どうして除去可能なのかというと、確かな技術があるからです。レーザーによるほくろ除去は、まだ新しい方法です。ですから、行っている医療機関は少なく、例え行っていたとしても、技術不足のため、すべてのほくろに対応できない医療機関も多く存在しているのが現状です。ただ、外科的手術のデメリットを解消した最善のほくろ除去方法がレーザーですので、今後、主流となるでしょう。そうなれば、全般的に技術もレベルアップすることになるでしょうから、現在は除去困難なほくろも一般的に除去できるようになるでしょう。