ほくろが気になったら

顔の手入れ

ほくろは、多く人にありますが、比較的心配する必要は無いものです。しかし、命に係わる危険な状況になる場合もあり、今後高齢化が進む中で注意していくことでリスクをさげることができます。気になって、ほくろ除去を決断した場合は、間違っても自分で除去するのはやめて必ず医療機関で診察し除去しましょう。

詳細を確認する...

気になる肌トラブルとは

女性

年齢を重ねてから増えてくるほくろは、「老人性色素班」と呼ばれ紫外線を浴びることで起こる加齢トラブルです。美容のために除去する場合は一般の皮膚科や美容皮膚科を利用してレーザー治療によってほくろ除去をする方が多いです。

詳細を確認する...

俯きがちな人生と決別

整形

ほくろ除去は医療機関で行っています。方法は大きく分けて2つあり、1つは外科的手術です。ただ、外科的手術は傷跡が残る可能性があります。もう1つは傷跡が残らない新しい方法、レーザーによる除去です。まだ、レーザによる除去は一般的ではなく、対応力も不足していますが、今後、主流となり、対応力も高まるでしょう。

詳細を確認する...

ほくろを取る方法とは

顔の手入れ

ほくろ除去を希望する場合、まず何科に行けばよいか迷う人も多いでしょう。ほくろ除去は皮膚科・美容皮膚科・美容外科・形成外科などでしてもらうことができます。皮膚科や形成外科であれば、ほくろによっては健康保険が適用されることもあります。メラノーマなどの悪性のほくろがその主なものですが、病院によっては、「大きすぎるから」とか「盛り上がりすぎているから」というような理由でも保険診療を認めてくれるところがあります。ほくろ除去にはいくつかの方法があり、医師と相談してどの方法をとるかを決めます。最近多くなっているのは炭酸ガスレーザー法と呼ばれるものです。これはレーザーメスともいわれています。炭酸ガスの熱によってほくろの細胞を飛ばしてしまうというやり方です。メスで切るよりも抵抗が少ないと感じる患者は多くいますが、あまり大きいほくろだと、あとがくぼみになって目立つこともあります。大きさのあるほくろの場合は、メスで切除して縫合する方法が適しています。炭酸ガスレーザーの場合は医師による技術の差がそれほどありませんが、メスによる切除縫合法は医師の腕によってある程度仕上がりが左右されます。炭酸ガスレーザーはほくろの黒い色に反応して作用するものなので、黒い部分だけを除去します。そのため、あとあとほくろが再形成されるケースもないとはいえません。一方、切除縫合法は少し余裕を持って周りの部分まで切り取るので、再発の心配はほとんどありません。このように、それぞれメリットがありますので、施術を受ける前に医師とよく相談しておきましょう。

ほくろ除去でどの方法を選んだとしても、術後のケアを怠ると、あとが目立って残る結果になってしまいます。施術後の肌は傷ができている状態なので、クリニックで渡してくれるテープを用いて、半年程度はケアを続ける必要があります。先に述べた炭酸ガスレーザーや切除縫合法のほかには、くりぬき法や電気凝固法という方法もあります。くりぬき法は器具を使ってほくろの円周に沿ってくりぬいていくもので、直径5ミリくらいまでのほくろに対応しています。電気凝固法は電気メスを使う方法で、直径の大きなほくろでも施術できます。これは傷口を縫う必要がなく、血もほとんど出ない方法です。いずれの場合も、除去前にほくろが悪性のものでないかを確実に医師に診てもらうようにしましょう。ほくろは、年をとるとともに増加することがあります。それは、紫外線によってメラニンを作るメラノサイトが活発になりすぎることが原因です。また、肌に刺激を与えることが繰り返されることによっても、ほくろは増えます。ほくろには遺伝性があるともいわれています。通常のほくろなら問題はありませんが、悪性のほくろを持つ人が身内にいる場合は、ほくろ除去の前に必ずその旨を医師に申し出ましょう。ほくろは病的なものを除いては、特に対処が必要なものではありません。しかし、特に顔のほくろに関しては、コンプレックスを感じている女性が数多く存在します。ほくろ除去によって気持ちを明るくすることができるならそれは意義のあることといえます。施術法の中では、やはり比較的簡単に短時間にできる炭酸ガスレーザー法が人気です。